40歳になったら知っておきたい目とメガネのお話

手元の小さな文字が 見づらくなってきたけど、ど−して?

目のレンズの厚みを変え、近くにピントを合わせる力、 「調節力」の低下です。

年齢と共にピントを合わせる力(調節力)が低下します。

私たちの目にはカメラと同じようにピントを合わせる力があり、この力を調節力といいます。調節力は10代でピークに達しその時の力は12D※くらいです。左のグラフのように年齢と共に減少し、40歳で4.5D、45歳で2.5D程度に。この頃から細かい文字が見にくくなり不便を感じるようになります。
※D=ディオプトリー

加齢による調節力の低下

調節力のメカニズム。

■調節力とは
日の中にはレンズ(水晶体)があり速くを見るときはリラックスして薄い状態、近くを見るときは筋肉(毛様体筋)が緊張してレンズを厚くしてピントを合わせます。このピントを合わせる能力が調節力です。

目のレンズの緊張について

■調節力の低下
年齢が進むとレンズが硬くなり、近くを見るときに筋肉で押してもレンズを厚くできなくなります。調節力が低下すると近くのピント合わせができなくなり、小さい文字などが見にくくなってきます。

レンズが硬くなり押しても厚くできない

ピントが合う最も近い距離が「近点」です。

遠点と近点の違い

■近点を知るカンタンな視力チェックをしましょう。
目の直前にひとさし指をかざしてください。徐々に遠ざけていって、指紋にはつきりとピントが合い始める最も近い距離があなたの「近点」です。

近点距離

調節力の低下は10代から始まっています。

加齢による視力の移り変わり

40歳になったら、近くを見る視力の確認。近見視力チェックが必要です。

調節力の低下は誰にでも起きる生理現象です。個人差はありますが進行は止められません。お近くの『アイズ』で「近見視力チェック」とお申し出ください。

メガネ店で近見視力チェックをお申し出ください。